超爽快!心をスッキリさせてくれる映画6選

映画は、日々のストレスを発散するには優れた方法ですよね。再生ボタンを押して鑑賞するだけで、一度も行ったことのない場所、二度と行くことのないような場所に連れて行ってくれます。数時間の間、席を立たずにハラハラドキドキをずっと味わえるし、新しいことに挑戦する意欲も湧いてくるかもしれません。もちろん、すべての映画が同じように作られている訳ではありません。社会について考えさせられる作品もあれば、泣かされる作品もありますし、シャワーを浴びるのさえ怖くなるような作品もあります。そこで今回は、これまでに撮影された映画の中から、心をスッキリさせてくれる超爽快な作品を6つご紹介します。

 

『リトル・ミス・サンシャイン』

車で家族旅行をしたことのある人なら、ワクワク感がどれほど早く高まるかはご存知でしょう。映画『リトル・ミス・サンシャイン』は、問題を抱えたとある家族が美人コンテストに車で向かうという話で、これほど愉快で明るい状況はないだろう。物語が進むにつれて、家族の奇妙さがもはや愛おしくなり、最終的には家族の本当の意味と、自分らしく生きることの喜びを思い知らされることでしょう。

『ラブ・アクチュアリー』

映画『ラブ・アクチュアリー』は、クリスマス前のある街が舞台となった映画で、ホリデーシーズンに観たい定番作品となっていますが、一年中どの季節にみても陽気な気持ちになれます。同作のジャンルはロマンティックコメディと見せかけて、私たち人間を結びつけるさまざまな「ラブ」について考察しています。人気英国人俳優が大勢出演し、さまざまな愛の局面を見せてくれます。人間関係がいかに不快で、厄介で、ユーモラスで、有難いものかを思い知らされる作品といえるでしょう。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

数学の問題を解く人を描いた映画が、これほどまでに崇拝される名作になるとは誰も想像できなかったでしょう。マット・デイモン、ベン・アフレック、ロビン・ウィリアムズといった豪華俳優陣、心にグッと響く名ゼリフ、そして「自分に正直になって、自分に合った道を歩もう」という力強いメッセージなど、同作はさまざまな理由から記憶に残る名作として讃えられています。

『雨に唄えば』

映画『雨に唄えば』は、公開からもう65年経っていますが、テクニカラーで楽しさいっぱいのミュージカル作品として今日でも高評価されています。理論的には、映画製作のための試行錯誤を描いた作品でありますが、実際には、歌と衝撃的なダンス、そしてもちろんジーン・ケリーと華麗なデビー・レイノルズのロマンスを楽しめる作品なのです。同作を観た後は、心がスッキリと晴れて、明るい気持ちにならずにはいられませんよ。

『怪盗グルー』シリーズ

有史以来、善と悪の戦いはずっと続いていますが、『怪盗グルー』シリーズほど、面白いキャラクターたちの戦いが繰り広げられることはめったにないでしょう。このアニメーション映画シリーズは、「超悪玉であっても、誰でも心を入れ替えることができ、意外な場所や意外な瞬間において本当の愛を見つけることができる」という当たり前のメッセージを伝えながら、笑いを誘ってくれる作品です。それに、謎の生命体であるミニオンを嫌いになる人はいないでしょう。

『サウンド・オブ・ミュージック』

何日も心に残るような印象的な曲を抜きに考えたとしても、ミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』は時代を超越している名作です。人生には、さまざまな種類の愛(親子愛、恋愛など)があることを思い出させてくれ、家族の重要性を力強く伝えてくれます。「自分の心に従って、どんなに高く見える山でも登ってみよう」と優しく背中を押し、励ましてくれるような映画です。また、主演のジュリー・アンドリュースは、最高の演技を見せています。